落ち着きのない子供 対応

落ち着きのない子供への対応は?どう接する?

落ち着きのない子供への対応

 

子供好きな人は子供のあやし方に慣れていることが多く、子供に好かれることも多いですよね。

 

子供への対応というのは子供が好きな場合や、普段から子供に接する機会がない人だとどう対応して良いのかわからないということが多いのではないでしょうか。

 

ただでさえ子供と接する機会がない人にとっては落ち着きのない子供への対応を身につけるには、知識が必要となるでしょう。

 

しかし家族内に落ち着きのない子供がいるという方もいますし、そういう方がどう対応しているのか気になりますよね。

 

落ち着きのない子供への対応で悩んでいるという方もいると思います。

 

対応への正解、不正解はあるのでしょうか。

 

落ち着きのない子供への対応とは

落ち着きのない子供への対応はどのようにすれば良いのでしょうか。

 

やってはいけないことなどはあるのでしょうか。

 

落ち着きのない子供の中には、性格の問題で落ち着きがない場合や、ADHDといった発達障害が原因となっている場合があります。

 

ADHDの子は、そうではない子に比べると事故に合う確率が上がるとも言われています。

 

それは一つのことに夢中になりすぎて周りが見えなくなることや、注意を聞き入れない、理解できないことが原因と考えられます。

 

そうした事故を防ぐためにも正しい対応の仕方を学び、周りにいる人がサポートをしていく必要があります。

 

家族内に落ち着きのない子供がいる場合、それが周りの子と比べてあまりにも落ち着きのなさが目立つ場合はADHDの可能性も視野にいれる。

 

ADHDに対して正しい理解を示し、療育という方法を考える。

 

親も子も一人で悩むことがないように、相談機関を頼ることも大切。

 

落ち着きのない子供に対して苦手意識をもたずに、前向きに接する。

 

医療機関にかかる。

 

このように、落ち着きのない子供に対して障害がある可能性をまずは考え、ADHDだということが分かった場合「発達障害者支援センター」「発達障害情報・支援センター」「発達障害教育情報センター」といった自治体の窓口を利用することも大切です。

 

どう接する?

落ち着きのない子供に対して、「自分の躾が悪いせいだ」ということや「親の躾が悪い!」と周りから言われてしまうことがあります。

 

しかし落ち着きのなさがADHDだった場合、親の躾の問題ではなく脳の機能障害が原因となるので、自分を責めることはしないようにしましょう。

 

自分を責めて子供に対して厳しくあたってしまったり、ルールを課してしまうと逆効果になる場合があります。

 

以下で落ち着きのない子供に対しての接し方をみていきましょう。

 

視覚情報を利用して、指示をだすときは、短い言葉で順を追ってわかりやすく説明をする。

 

良い部分をたくさん褒める。

 

して良いこと、してはいけないことは理解するまでに時間がかかるため、その都度繰り返し教える。

 

人混みや大きな音がする場所を苦手とすることがあるため、集中して勉強をするときなどは静かな場所でやらせてあげる。

 

大人の都合で感情的にならず、大人自身も感情のコントロールをしながら穏やかな気持ちで子供に話しかける。

 

 

落ち着きのない子供は、耳から得る情報よりも絵などの視覚から入る情報の方が理解しやすい場合があります。

 

一度に「あれやってこれやって」と指示を出すのではなく、一つ一つ教えてできたら褒める、やってはいけないことをした場合はその都度なぜダメだったのかをわかりやすくお教えることが大切です。

 

大人にとっても、子供と一緒になぜダメなのかを一緒に考える時間をもち、理解を深めていくことで子供のことをもっと知ることができるかもしれません。

 

落ち着きのない子供の場合、“側に近づいて”“穏やかに”“静かな声で”“優しく説明をする”ことが大事です。

 

大きな声で頭ごなしに叱ることは、自己否定に繋がってしまうので、避けるようにしましょう。

 

落ち着きのない子供への対応は?どう接する?:まとめ

対応という面からみると、難しく考えてしまうところがありますが、接する側が構えてしまうと子供も心を開いてはくれません。

 

落ち着きがないからといって、叱ってばかりいると子供はどんどん自分に対して否定的な気持ちになっていってしまいます。

 

落ち着きのない子供は、視覚聴覚からくる刺激に弱いことがあるので、テレビをつけっぱなしにしておかない、大きな音がする場所はなるべく避けるなど、気が散ってしまうことを排除してあげることも大切です。

 

難しく考えずに、前向きな気持ちで対応していくことが何よりも大事になりますね。