落ち着きのない子供 薬

落ち着きのない子供に効く薬とは?薬は安全なの?

落ち着きのない子供へ効く薬

 

薬を飲むことを苦に思わない人もいれば、どうにかして薬を飲むことを避ける人もいますよね。

 

子供に関しては、甘い味の薬だったら飲めるという子もいれば、泣いて飲むことを嫌がる子もいますよね。

 

薬には効果を実感できる反面、副作用が伴うものもあります。

 

風邪をひいて薬を飲む場合と、気持ちの落ちこみで飲む薬とでは効果や成分が全く異なりますよね。

 

現代社会では皆人に言わないだけで、薬を服用している人も多くいます。

 

そんな中で今回注目したいのは落ち着きのない子供への投薬治療に関してです。

 

落ち着きのない子供に効く薬はあるのでしょうか。

 

その場合の効果や副作用といったものはあるのでしょうか。

 

落ち着きのない子供に効く薬って?

落ち着きのない子供に効く薬はどのようなものがあるのでしょうか。

 

落ち着きのない子供で薬が処方される場合は、医療機関にかかりADHDといった発達障害と診断された場合が多いでしょう。

 

ADHDの場合は、脳の前頭前野部分の機能異常だと言われています。

 

薬物治療の場合は不注意、多動性、衝動性といった症状を飲んでいる間だけ緩和することができます。

 

治療に使われる薬は主に2種類です。

 

ストラテラ(アトモキセチン)

ドーパミンを間接的に増やし、ADHDの症状を抑えますが効果がでるまでは約1ヵ月かかるとされています。

 

持続時間は24時間と長く、副作用として食欲不振、眠気や頭痛などがあります。

 

コンサータ(メチルフェニデート)

ドーパミンを直接的に増やしADHDの症状を抑え持続時間は12時間ほどで、服用してから2時間ほどで効果があるので即効性があります。

 

副作用として食欲不振、不眠、頭痛などがあり、慣れてくると副作用が軽減するようですが若干依存性のリスクがあります。

 

落ち着きのない子供に飲ませる薬は存在していますが、副作用が強くでてしまう子もなかにはいるので注意が必要です。

 

落ち着きのない子供に対しての治療方法は薬だけではなく、療育といった方法を用いることも勧められています。

 

この療育は根本的な治療というよりは症状を緩和させるために有効とされます。

 

子供だけではなく子供の親に対してのプログラムもあるのでうまく活用していきたいですね。

 

薬は不安という方に

薬は医療機関にかかって診断されたうえで処方されるので、安心といった面はあります。

 

しかし上記でみてきたように、薬には副作用があり、効果も副作用の出方にも個人差があることが大きく影響してきます。

 

子供にとってリスクの高い治療は避けたいという方はサプリメントという方法を使用してみるのはいかがでしょうか。

 

サプリメントは食品に分類されるので、薬ほど副作用が気になるものは少ないと思います。

 

子供でも飲めるように味付きのサプリメントや、お菓子感覚で食べられるものが人気があり、親からも好評を得ているようです。

 

チェック1:コドミン

子供でも飲みやすいようにラムネ味になっていることや、噛みながら摂取することができるので、まさにお菓子感覚で摂取している子が多くいます。

 

コドミンには落ち着きや集中力をサポートする成分であるホスファチジルセリンが1粒に100r配合されています。

 

国内工場で生産されていることも、安心して飲めるポイントになっています。

 

チェック2:こどものリパミンPS

PSはホスファチジルセリンのことを指し、PSという商品名のサプリは多く販売されています。

 

しかし子供に飲ませるのであれば、こどものリパミンPSがおすすめです。

 

1粒あたりのホスファチジルセリンの配合量はコドミンと同じで100rです。

 

ホスファチジルセリンの他にもビタミンやアミノ酸の一種であるL-チロシン、L-トリプトファンなどをバランスよく配合しています。

 

落ち着きのない子供に効く薬とは?薬は安全なの?:まとめ

落ち着きのない子供に効く薬は存在していますが、それはあくまでも医療機関にかかり薬を処方された場合です。

 

自己判断で薬を飲むことは大変危険なのでやめましょう。

 

また薬には副作用やリスクが存在しているので、心配な方はサプリメントで症状を緩和させるという方法もあります。

 

子供にあったものを摂取させてあげるようにしましょう。