コドミン 小学生

コドミンは小学生でも飲める?何歳が対象なの?

コドミンは小学生でも飲める?

 

あなたはサプリを飲むようにしていますか?

 

食生活の欧米化が進む一方で健康志向の人が増えていることもあり、その分サプリの需要が高まっている部分もあります。

 

あなたがサプリを飲み始めたのはいつからですか?

 

小学生やまだ子供のうちにサプリを飲ませるのはやや不安という方もいれば、薬よりも安心して飲ませられるという方もいるでしょう。

 

考え方はそれぞれなので、どちらが良いとは言い切れませんよね。

 

またサプリには補助食品としての役目を持つものから、症状を軽くする作用があるサプリもあります。

 

コドミンはどちらかというと後者にあたるものとなるのですが、何歳から飲むことができるのでしょうか。

 

コドミンは小学生が飲んでも大丈夫なのでしょうか。

 

年齢によって摂取する量は変わるのでしょうか、そんな疑問を解消していきます。

 

コドミンは小学生でも飲める?

コドミンは小学生が飲んでも良いのでしょうか。

 

何歳から飲めるという対象年齢のようなものは存在するのでしょうか。

 

コドミンは何歳以上じゃないと飲んではいけないという決まりはありません。

 

しかし乳幼児に飲ませるのはNGです。

 

コドミンは錠剤なので、一応錠剤が飲める年齢になってからが良いとされています。

 

とは言ってもコドミンは噛みながら飲むことができるんですけどね。

 

またコドミンの対象は子供となっており、口コミを見ていても子供が飲んでどう変わったかというものが多く投稿されています。

 

その中には小さい子供や小学生の親からの投稿も多く、幅広い年齢層に支持されていることもわかります。

 

コドミンは落ち着きのなさや癇癪をおこしやすいという行動が目立つ子に有効なサプリです。

 

あまりにも小さい子供だと、こういった症状が子供特有のものなのかという判断が親だとなかなか付きにくい部分がありますよね。

 

そのため幼稚園生や小学生になって集団で過ごすことが増える中で、先生に指摘されて気付くといったことも少なくありません。

 

特に小学生になると授業中じっと座っていなければいけませんよね。

 

それが他の子に比べてじっとしていられず歩き回ることが目立つと、本人がみんなと違うと自覚することもあるでしょう。

 

みなさんは幼稚園の頃の記憶ありますか?

 

もちろん断片的な記憶というのはあるかもしれませんが、小学生の頃の記憶に比べるとだいぶ薄いのでは?

 

小学生といっても1年生と6年生では大きな差がありますが、それでも集団で過ごす環境は同じですし、良いこと悪いことの区別がついてくるのもこの小学1年〜6年の間が多いのではないでしょうか。

 

コドミンは小学生が飲んでも何も問題はありませんし、子供だけではなく大人が飲んでも問題はありません。

 

子供が飲むことを戸惑っている様子ならば、親が飲んで見せてあげることもできるので子供も安心することができるでしょう。

 

どれくらい飲む?

ではコドミンはどれくらい飲むのが良いのでしょうか。

 

年齢によって飲む量を減らすべきなのでしょうか。

 

コドミンの1日の摂取目安量は、1〜2粒です。

 

1袋が30粒入りで1ヵ月分という計算で届くので、それを踏まえても1〜2粒がベストとなりますね。

 

1日に3粒以上摂取しても問題ないとされていますが、1日に多く摂取することよりも毎日継続して摂取する方が大事となります。

 

小さな子供であっても小学生であっても、大人であっても特に摂取量を変えなければいけないというわけではありません。

 

コドミンには“フォスファチジルセリン”という成分が配合されているのですが、この成分の1日の摂取量が100〜300rとなっており、コドミンにはフォスファチジルセリンが1粒に100r配合されています。

 

そこを踏まえても、1日1粒で十分な摂取量となることがわかりますよね。

 

コドミンは小学生でも飲める?何歳が対象なの?:まとめ

コドミンは小学生でも飲むことができます。

 

幼稚園生でも飲むことができますが、親の目が届くところで飲ませるようにしてくださいね。

 

小さい子が飲むものなので、どんな成分が入っているのか気になるという方は、一度公式サイトを見ることをお勧めします。