コドミン 安全性

コドミンの安全性は!?安心して飲めるの?

コドミンの安全性はいかほどか

 

サプリメントの安全性は、飲む前に知っておきたいですよね。

 

サプリメントは薬ではないので、大きな副作用があるかと言えばそうではないのですが、それでも稀に副作用反応が起こる人もいます。

 

購入する前にあらかじめ副作用が起きやすい成分が入っていないか、自分には合わない成分が入っていないかというのをしっかりと把握しておく必要があります。

 

サプリメントでよくあるのが、お腹がゆるくなるということ。

 

またアレルギーを持っている人は、アレルギー成分が入っていないかどうかも大事なポイントとなりますね。

 

またどこで製造されているのかも安全性の判断材料になりますよね。

 

コドミンの安全性を知っておくと、より安心して飲むことができますよね。

 

コドミンには副作用反応があるのか、アレルギー成分は含まれているのかコドミンの安全性に注目して見ていきましょう。

 

コドミンの安全性はどうなの?

ではコドミンの安全性をみていきましょう。

 

成分を見る前に、コドミンが作られている環境から安全性をチェックしてみましょう。

 

環境

コドミンはGMP認定国内工場生産のため、それだけでも安全性の高さを感じます。

 

医薬品の製造実績もある工場でコドミンは製造され、医薬品と同じレベルでの品質管理をしているので安心して摂取できますよね。

 

サプリメントの中には輸入のものもありますが、輸入品はラベルに日本語表記のないものも多く、どんな環境で製造されているのか安全性を自分でチェックすることが困難なものもあります。

 

そういった意味では、コドミンは国内工場で製造され、その工場は日本健康・栄養食品協会による健康食品GMPの認定をもつ工場なので安全性が確保できていることがわかります。

 

成分

コドミンの成分には危険なものが含まれているのかどうかを見ていきましょう。

 

コドミンの原材料表示をみてみると、


還元麦芽糖水飴、ブドウ糖、ホスファチジルセリン(大豆含む)/結晶セルロース、酸味料、ステアリン酸カルシウム、香料、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB1、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)

となっています。

 

アレルギーといった面でみてみると、注意が必要なのは大豆です。

 

ホスファチジルセリンはずっと昔ウシの脳から精製されていましたが、今はキャベツや大豆から作られています。

 

原材料名に(大豆含む)と記載があることから、コドミンのホスファチジルセリンには大豆が使用されていることがわかりますね。

 

大豆アレルギーを持っている人もいると思うので、アレルギーに関しては大豆を要チェックしておく必要があります。

 

その他の成分をみると特にこれといって危険な成分はなさそうなので、コドミンの安全性は高めであると言えます。

 

コドミンを安心して飲むには?

コドミンを安心して飲むにあたって大事なことは、摂取目安量を守るということです。

 

個人によって合わない成分というのが異なるため、初めの何日かは身体に合うかどうか、少ない量で試してみるのが良いのではないでしょうか。

 

コドミンの公式サイトでは“初めの1ヵ月は3粒と多めに摂取するのも良い”と記載されていますが、これはあくまでも身体に合う人の場合です。

 

なかには「数日間子供に飲ませたけれど、お腹の調子が悪くなり毎日のようにお腹を下すようになってしまった」という口コミもあります。

 

摂取目安量を守っていても、成分が合わなければ副作用として表れてしまうこともあります。

 

その場合は無理に続けるのではなく、潔く中止するという選択をすることも大事です。

 

コドミンの安全性は!?安心して飲めるの?:まとめ

コドミンの安全性は、国内工場製造であることや成分を見ても高い方であることがわかりました。

 

安心して飲むためには、原材料を把握しておくこと、どこで製造されているのかを知っておくことです。

 

そして自分の身体には合わないと感じたら、もったいないという気持ちは置いておき潔く中止する判断をすることも大切です。

 

コドミンの公式サイトには体験談が載っているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。